スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ/

脱出ゲーム"寒獄の廃屋" 攻略:その2

脱出ゲーム"寒獄の廃屋" 攻略:その2

その1へ

18.右のソファーのある画面に移動し、中央の箱の左側面を調べる。

19.「金属製の棒」を表示して「金属製の棒」を調べ、両端の形状を確認する。

20.「金属製の棒」に「リングスパナ」を取り付け、さらに「ソケットレンチ」をはめる。

21.「金属製の棒」を装置の穴にはめて、反対側にある大きい機械へ移動。

22.大きい機械の右下に落ちているメモを確認する。
   「子供は昼日に向かい、大人は朝日に向かう。ここで一日が過ぎた。
    次に大人は夕日に向かった。子供は昼の日陰に向かい、そして3日過ぎた。」

23.「リングスパナ」=大人、「ソケットレンチ」=子供と見立てる。
   装置の上に「N」=北があるので「昼日」=南、「朝日」=東として操作する。
   なので、「ソケットレンチ」を南(下)、「リングスパナ」を東(右)に操作して1回レバーを倒す。

24.同様に「夕日」=西、「昼の日陰」=北として操作する。
   「リングスパナ」を西(左)、「ソケットレンチ」を北(上)に操作して3回レバーを倒す。

25.右上のスイッチを押すと箱の扉が開くので、箱を開けて中から「木片」を入手する。

26.「大きな氷の塊」を表示して「木片」を「大きな氷の塊」の近くに置き、
   さらに「枯れ草」を置いて、「マッチ」で火を点ける。

27.部屋をぐるっと一周まわるように移動してから「大きな氷の塊」を再度表示すると、
   氷が溶けて「バール」を入手することができる。

28.枯れ草が生えていた机の右奥に移動し、壊れた壁に「バール」を使うと中から「鋳型」が入手できる。

29.「鋳型」を表示して「半田」を中に入れる。

30.箱型の機械に移動し、扉を開けて中に「鋳型」を入れ、再度部屋を一周して戻り、
   「鋳型」を回収して中にある「カギ」を取り出す。

31.反対側の大きい機械へ移動し、扉を開ける。

32.「曲がった針金」を使ってコードをつなぎあわせ、大きい機械のスイッチを入れる。

33.右に移動し、机の上にある本を開く。ページをめくって次のページも確認する。
   「私はかつて優雅に暮らしていた。」
   「今はその面影もない。」
   「2つの仕事を掛け持ちし、著名な絵画を4点所有していた。
   ラクダも一頭飼っていた。自暴自棄になったことも3度あった。」
   「もっと落ち着いた生活がしたかった・・・」

34.スタート地点の扉に貼ってある紙を確認し、
   「仕事」=「buisiness」、「絵画」=「art」、「ラクダ」=「camel」、「自暴自棄」=「desperade」であることを確認する。

35.大きい機械の入力装置を拡大する。
   英単語の頭文字をABCD順に並び替え、日記に書いてあった対応する数字を入力する。
   絵画4、仕事2、ラクダ1、自暴自棄3となるので半角で「4213」を入力しENTERを押すと発電機が動く。

36.右に移動し、机の右のコンセントを拡大する。

37.「LEDライト」を表示して調べ、プラグを出し、「LEDライト」をコンセントにセットする。

38.タップすると色が変わっていくので色の順番を覚える。「青→緑→赤→緑」

39.スタート地点の横にあった機械(ウインチ)を拡大し、「カギ」を入れる。

40.下の4つのボタンを拡大する。「白・青・赤・緑」の順に並んでいるので、
   青→緑→赤→緑の順に押すとボタンが黄色になるので、上のスイッチを押す。

41.ウインチの下にある引き出しを開き、「ロープ」を入手する。

42.「ロープ」をウインチにセットして、スタート地点の扉に移動。

43.ドアノブに「ロープ」を取り付けると扉が開くようになるので脱出。


脱出ゲーム"寒獄の廃屋" 攻略情報
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ/
コメント一覧

カヲル

レバーを3回おろせない!

2012/01/09 Mon 23:02 | URL

コメントする


管理者にだけ表示を許可する


人気攻略記事ランキング

 

リンク集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。